【2022年】旅するオンライン講師のレッスン機材を紹介するよ!

オンライン講師さん向け

こんにちは!オンライン講師でWebコンサルタントのKoniです。

明後日から2ヶ月ほど(?)タイに行くのでレッスン機材を旅&海外ノマドにアップデートしました。日々の準備はTwitterやInstagramに載せています。

まずオンラインレッスンに使用する機材に対する考えですが、

“お金をいただいている以上はプロの講師なので、プロクオリティのレッスンを提供するのに必要な機材は必要コスト”

と考えています。一言でいうと「多少高くてもまともな機材を使おう」と思っています。

そんな考えがベースにあるので、レッスン機材はある程度良いもの(激安品は避ける)かつ、旅&ノマド向けに小さくて軽いもの。この2つの基準で選びました。

パソコン:Mac Book Pro2019

Mac Book Pro2019
created by Rinker
Apple(アップル)
¥148,280(2022/05/25 22:20:23時点 Amazon調べ-詳細)

PCはMac Bookの2019モデル(メモリ16GB)を使っています。

オンライン講師の仕事をするのにMac Book Proが必要かといえば要りません。他のオンライン講師さんに聞いても、Chromebookの方、Windowsの方、Mac Book Airの方と色々です。

私の場合はオンライン講師以外の仕事で画像編集や動画編集をするのでハイスペックなPCが必要でこのチョイスになりました。

マイク:Shure MV5 + ダイソーの三脚

Shure MV5 + ダイソーの三脚

無くてもレッスンできるけど、あるとレッスンの品質が高まるのがマイクです!特に語学レッスンや音楽レッスンなど、音を正確に伝えることが重要なレッスンでは外付けマイクは必須だと思います。

私は『Shure MV5』(実勢価格 12,000円)を付属のマウント(ベース)をダイソーのミニ三脚に付け替えて使っています。1/4ネジ付きだと好きなマウントに変更できて便利です。

私自身は語学・音楽レッスンはしていませんが、これからPodcastを配信予定、YouTubeで音入れする事がある、オンラインイベントでホストを務めることがある…などの理由から、ある程度良いマイクを選びました。

Shure MV5 重さ比較

元のマウントを付けた時の重さは172グラムで、ダイソーに付け替えた時の重さは149グラムでした。

軽さ重視という事もありますが、どちらかというと場所を取らないという点でダイソー三脚が勝利ですね。

Shure MV5純正マウントとダイソー三脚

ライト:Amazonのリングライト + ダイソーの三脚

リングライト

マイクと同様、無くてもレッスンはできるけど、あるとプロフェッショナルな写りになるのがライトです。ライトありなしで顔の写りが全然違います(↓)顔が暗くて表情が見えない講師なんて嫌ですよね。

リングライト 比較

私は『Amazonのノーブランドのリングライト』(実勢価格 2,000円)を使っています。

USBタイプのリングライトは色々ありますがやはり1/4ネジ付きがおすすめ。ここでも付属のクリップを外してダイソー三脚に変えて使っています。安定感は少し悪くなりますが、軽いので良し!

リングライト+ダイソー三脚

ヘッドセット:エレコムのマイク付き

ほぼ使いませんが一応持っていくヘッドセット。

私はヘッドセットは使わない派(耳が痛い)で、入力はShureのマイク、出力はMac Bookのスピーカーを使っています。

ヘッドセットの出番はほぼありませんが、スタバや空港ラウンジなどで急なレッスンやミーティングをする事もあるので一応持っていきます。使用頻度が高ければ軽量で良いものを使おうと思いますが、現在はエレコムのものを使っています。

以上です。

この機材があれば旅先や海外でもクオリティの高いレッスンが可能です。海外ノマドを考えているオンライン講師の皆さんは参考にしてみてください♪

タイトルとURLをコピーしました