カフェトーク講師としてレッスンを作るときの考え方

カフェトーク講師のレッスンオンライン講師さん向け

プロフィールページの準備ができたらいよいよレッスン作りです。

カフェトークの魅力は自由にレッスンが作れること!あなたの特技や経験に合わせてほぼどんなレッスンでも作れます。

私が登録している他社、特にストリートアカデミーは結構チェックが厳しくて私はダメ出しされることが多いですが、カフェトークでレッスン内容がポリシーに引っかかったことはありません。

カフェトークで教えられるカテゴリー

カフェトークとしての主要レッスンは英語・韓国語を始めとする語学系ですが、それ以外にも幅広いカテゴリーが用意されています。音楽・ヨガ・スピリチュアル・アートからプログラミングまで!

  • 語学
  • 音楽
  • アート・デザイン
  • 趣味
  • ダンス・バレエ
  • ヨガ・フィットネス・スポーツ
  • ライフ
  • ビジネス
  • 家庭教師
  • IT &プログラミング
  • ファッション & ビューティー
  • カウンセリング・ お悩み相談
  • 占い・スピリチュアル

ちなみに「語学」カテゴリーの中にはこんなに沢山の言語カテゴリーがあります。個人的に「手話」があるところが素敵だなと思います!

  • 英語/英会話
  • 日本語
  • 韓国語
  • 中国語
  • 広東語
  • ドイツ語
  • フランス語
  • スペイン語
  • イタリア語
  • ポルトガル語
  • ロシア語
  • ポーランド語
  • スウェーデン語
  • トルコ語
  • タイ語
  • ベトナム語
  • アラビア語
  • インドネシア語
  • セルビア語
  • タガログ語
  • オランダ語
  • ギリシャ語
  • ハンガリー語
  • ヒンディー語
  • ビルマ語
  • 手話
  • その他の言語

自分の特技やスキルについて考える

レッスンの作り方について。

まず、自分の特技、資格、経験、スキル、知識などを一覧に書き出してみましょう。

“自分が好きなこと、知っていること、教えたいこと、教えられること” は何でしょう?

例えば

  1. 子供の頃から習字を習っている
  2. ○○業界の転職に成功した
  3. 民泊を運営している
  4. 日本酒好きで銘柄に詳しい
  5. ブログを運営していてアクセスがそこそこある
  6. 一人で世界一周した
  7. 独自の片付け方法がある
  8. よく「聞き上手だよね」と言われる

などもレッスンになり得ますよね。

そのリストができたら、今度は “ニーズがあるのはどれか” を考え、1〜3つくらいに絞ってみましょう。

教えたくても教わりたい人が居なければ意味がない、というのも事実です。

ブログのアクセス増やすための考え方は「自分が書きたいことではなく、人が知りたいことを書く」ですが、それと同じです。

・民泊の運営ノウハウを教えたい
・ブログの運営について教えたい
・人の悩みを聞いてサポートしたい

など絞り込めたらまずはそれで行きましょう!

次はレッスンの名前・サムネイル画像・ページ作りについて解説します。それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました