講師が解説!『カフェトークの日』とは?集客に活用する工夫は?

カフェトーク

こんにちは!宮古島に滞在中のKonishiです。

『カフェトークの日』とは?

レッスンが30%ポイントバックになる、生徒さんにとってとてもお得なボーナスDAYです!

執筆時点では、毎月19日と29日が「カフェトークの日」とされています。(予告なく変更する可能性あり)

この日は生徒さんは1講師につき1レッスンまで、最大3レッスン・最大4000ポイントまでポイントバックを受けられます。そのため、特にレッスン申し込みが多い日になります。

講師側の報酬が減ることはありませんので、講師側もぜひ活用したいイベントです!

⬇︎詳細はこちら
カフェトークの日・ポイントバックルール

『カフェトークの日』にすべきこと

カフェトークの日で集客

当日のレッスン可能時間を長くする

需要が高まる日ですが、レッスン可能時間をなるべく長く設定します。私はもともとフルタイムで可能にしていますが、この日はさらに朝+1時間、夜+1時間延長しています。なるべく生徒さんが得になって欲しいからです!

翌日のレッスン可能時間も長くする

また、海外在住の生徒さんも多いので、現地時間29日の予約を考え、翌日もレッスン時間を長めに取っておきます。

例えば、米国東部標準時 UTC-0500 の2021年01月29日(金) 20:00 は、日本時間の2021年01月30日(土) 10:00 なので、日曜日の午前中までレッスンが集中する場合があります。

予約受付期限を短くする

予約受付期限

「カフェトークの日」リクエストは直前にどどっとやってくることがあります。直前予約に対応するために、数日前には、管理画面 > スケジュール > 詳細設定の「レッスン受付期限」をなるべく短く設定します。

また「設定したレッスン可能時間外のリクエスト」は「許可する」にしておきます。こうすると生徒さんの希望時間にレッスンが取れない場合に「この時間はどうですかね・・?」という形で打診する事ができます。私はここは常時「許可する」です!

体調を整える

ありがたい事にレッスンが集中するので、その分疲れます。明日のカフェトークの日は4本のレッスンを予定していて、これは私にとってはかなりのボリュームなので、途中のお昼寝は必須だと予想してます。笑

カフェトークの日の前日はなるべく予定を入れずに体調を整え、資料の準備なども余裕を持ってできるようにしています。

19日と29日は予定を入れない

私はフリーランスなのでまあいつでも空いているんですが、この日は他の仕事やミーティングを入れないように気を付けています。

ノマド生活なので移動も多いですが、19日と29日の前後は長距離移動は入れないようにしています。できることは全部やる!の姿勢です☆

いかがですか?

生徒さんにとってとてもお得なイベントなので、ぜひこれに乗っかってレッスンが増えるように工夫してみてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました